ハンドクリームよりワセリン??

ワセリンは手の乾燥を防ぐ

手荒れの原因は、一般的には手の乾燥です。人間の皮膚は皮脂によって守られています。皮膚に皮脂の分泌腺があり、適度な皮脂を分泌し続けて、乾燥から守っているのです。

しかし、家事で水仕事をしたり、洗浄力の強い洗剤を使ったり、薬品に触れることで、この皮脂がなくなってしまいます。すると、皮膚は外気にさらされ、冬場で空気が乾燥していたりすると、皮膚からどんどん水分が奪われます。

水分を失った皮膚は、固くし、ひび割れ、あかぎれとなります。いわゆる手荒れになるのです。この予防に効果があるのがワセリンです。

これは、肌に潤いを与える機能はありませんが、原材料が石油のため、保湿効果が非常に高いものです。すでに手荒れを起こしてしまった方にはハンドクリームがおすすめですが、発症する前の予防としてワセリンが効果的です。

使い方は家事などをする前に塗るのがポイントです。

効果的な使い方

ハンドクリームを家事の前に使うと、ぬるぬるして、滑ります。これは、ハンドクリームが水にとけやすいからです。一方のワセリンは水にとけにくい油性の物質です。

そのため、水で手がすべりにくく、水仕事などの家事に最適です。ワセリンは少し伸ばしづらいですので、少し湿った状態で塗ると伸ばしやすいです。

少量手に取って、体温で少し柔らかくしてから、伸ばして行きましょう。肌になじむまで塗りこみます。べたつきが気になるようでしたら、ティッシュで軽くふくとよいでしょう。皮脂の代わりに、水分が奪われていくのを守ってくれ手荒れの予防になります。

しかし、一度塗ればずっともつものではありません。家事をしていくうちにとれて行きますので、塗り直すことも忘れずに行いましょう。家事が終わったあとには、ハンドクリームでケアをしてあげるとより良いでしょう。

選び方

ワセリンには純度があり、白色ワセリン、プロペト、サンホワイトの順で純度が高くなっています。アトピーなどを発症しやすく気になる方は、サンホワイトなどの純度が高いものを選びましょう。

頻繁に使用する人は、チューブのタイプではなくフタが開くタイプで大きめに容器がお勧めです。 その理由は、家事や手洗いの後の小まめに塗ることが大切なのですがチューブのタイプは持ち運びには良いのですが、フタを緩めたり押して出したりとやや手間がかかることとなります。

忙しい時には、ワセリンを塗るのをついつい後回しになってしいます。忙しい時でも、素早く塗るにはチューブではなく、フタが開くタイプが手荒れにお勧めになります。 指が容器の中に入りやすいくらのサイズですとさらにお勧めです。



ワセリンは酸化するようなものではありませんので、保存期間をさほど気にする必要はありませんが、出来る範囲で汚れなどが入らないようにしましょう。手を洗った後の清潔な状態の時に塗ると汚れは入りにくくなります。 気になる方は、チューブのタイプで使用期限内に使い切りましょう。

ワセリンはよけいな成分が入っていないので、とてもお安く購入できて手荒れ予防になります。一家にひとつあるととても便利なのが、ワセリンです。