ストレスは良くない理由

肌へのストレス

手荒れを悩んでいる方の多くは女性の方が多のではないでしょうか?私の周りの女性にも手荒れで悩んでいる方がたくさんいます。手荒れがなかなか完治せずとハンドクリームを色々と変えていると良く聞いたことがあります。

そんな方には、手荒れの原因を知っておくと以外と完治していく可能性があります。 特に原因となる肌へのストレスについて考えてみたいと思います。

何故発生するのでしょうか?様々な原因が思い浮かびますが、手荒れをおこす一番のストレスは水と空気です。

では、何故水と空気なのか紹介します。主な原因は、洗い物や水に触れた時に手のひらに残った水が原因です。

では、何故水が原因なのかそれは、気化熱にあります。水は蒸発する時、多くの熱を発生します。俗にいう冷水をすると非常にすぐ涼しくなるのと同じ原理です。

つまり、肌についた水を拭かないと手の上で同じ事が起こります。すると、肌の中に入っている水と一緒に蒸発してしまいます。これが、水のストレスです。次に、風のストレスです。風のストレスは水と異なり触れただけでは水の原因になることはないです。

精神的なストレス

一旦皮膚の表皮がカサつきといった乱れが生じると一気にその症状を悪化させてしまうのです。風の厄介なのは、人によって症状の出る個人差があるため自覚症状に気づかない傾向があります。

この2つのストレスが生じると、人間の肌はカサつきます。

よく雨やみぞれの日に肌に触れている部分の状態が悪いという経験があると思います。これはこの2つが大きな原因です。

加えて、手は他の体の組織に比べて表皮が薄く、加えて、女性の場合は水仕事をしたりと何かと負担をかけがちな生活を送っています。

対策としては、まず水仕事をしたら丹念に手を拭く習慣をつけることを初めにして欲しいです。その上で、ハンドクリームをつけることをおすすめします。それでも対応できない場合は、手から蒸発する水分を逃さないために手袋を就寝時に塗布すると表皮がしっとりしてきてカサつきが治りやすくなります。

かゆみをともなうと精神的なストレスがたまり、体の免疫力も落ちますので、かゆみを止める方法ととりましょう。