手荒れの原因は何?

皮脂膜を壊さないこと

手荒れと聞けば冬などの寒い季節を想像しますが、必ずしもそうとは限りません。皮膚は皮脂と水分が分泌されて混合し、それらは皮脂膜となって肌の保湿を行います。

しかし汚れを洗い流そうとすると皮脂膜までも崩れてしまうのです。 洗剤・石鹸・シャンプーなどを使えば瞬く間に皮脂膜はなくなります。さらに乾燥しやすい寒いと保湿が間に合わず、角質が傷付いて手荒れが起きるので冬に多い傾向があります。それらが原因となっていることがあります。

特に食器洗いをする主婦に多いのはこのようなメカニズムがあるためですが、アトピー性皮膚炎で悩む人を含めて、必ずしもこれに当てはまるわけでもありません。

たとえば、洗剤や水に触れないようにゴム手袋をしていても良くならないのは、肌の代謝が非常に悪く皮脂膜を作りにくいことが原因とも言えます。代謝が悪く1年中改善しない人は体質の改善によって治るケースが多くあるので、肌からではなく体からのケアが重要です。

意外なところではゴム手袋と相性の悪い人もいます。

手袋はゴムアレルギーに注意

肌をカバーしていたつもりが、実は素材が受け付けないゴムアレルギー体質だったということもあり、これらは特定の食品を触ると手荒れを起こすアレルギーに類似しています。

手のひらだけでなく甲にまで症状が現れた場合は、ゴムアレルギーと断定してもよいケースです。 原因が分かれば対処は簡単で、ゴム手袋をビニールを替えれば解決です。

ただしゴムは劣化する性質があることから、ゴムアレルギーでない人でも長く使いすぎると手荒れを起こす原因になります。定期的に交換しておくことが防止に繋がる対策です。

原因は様々ですが、やはり大半は食器洗いに使う台所洗剤が大半を占めることから、根本的に台所洗剤と水に接触しないために夏でも手袋は必需品です。

実はお湯のほうが冷たい水よりも皮脂膜を溶かす特徴があるので、できる人はお風呂に入る時も手袋をする習慣を身に付けておくと大きく変わります。